金メッキ 買取します!金メッキ 金杯,金メッキ 金メッキ携帯の買い取り,金,プラチナ,貴金属 買取なら[金メッキ 買取センター]へお任せください!

金メッキ 買取
金メッキ 買取金メッキ 買取金メッキ 買取金メッキ 買取金メッキ 買取金メッキ 買取金メッキ 買取


- 金買取 用語集 INDEX -

貴金属とは
PW
金メッキ 買取 PWG
金メッキ 買取 PWS
金メッキ 買取 RGP
金メッキ 買取 Rh(ロジウム)
金メッキ 買取 Ru(ルテニウム)
SILVER1000インゴット
SILVER1000
Sv800
Sv900
Sv925
Sv950
Sv1000
WG(ホワイトゴールド) 
WGF
XAU
X線分析機
YG(イエローゴールド)
イーグル金貨
イエローゴールド(YG)
イリジウム(Ir)
インゴット(金地金)
インディアンコイン
ウィーン金貨
オスミウム(Os)
オンス
回路基板
カラーゴールド
カラット
カンガルー金貨
貴金属
キャットコイン
キログラム原器
金とは
金の種類
金の純度
matte finish
Os(オスミウム)
P
Pd(パラジウム)
Pdインゴット
Pewter(白鑞/白目)
matte finish
PG(ピンクゴールド)
Plated(めっき)
Pm
Pm、Pt刻印
PP
Pt(プラチナ) 
Pt1000 純プラチナ 
Pt850
Pt900
Pt950
.com
金メッキ 買取


当社で取り扱いをさせていただいているものを中心に、用語の解説をしております。

貴金属とは 金とは 銀とは プラチナとは


| 金

金とは

金は、貴金属の一種。古くから最も美しいと言われている金属で、装飾品として人類に利用された最古の金属です。銀や銅と同じく貨幣としても利用されてきました。
錆びないという特性から歯科医術やエレクトロニクスなど様々な分野でも利用方法が応用されています。
ISO通貨コードではXAUとあらわされています。元素記号Auで表されます。

金合金の品位は、「24分比」で表示されます。
24金は、金の含有率が24/24であることを示します。これは、純度が99.99%の純金で、「フォーナイン」と呼ばれます。
24金は、純度100%でジュエリーとしては軟らか過ぎるため、金に銀、銅、パラジウム等を割金として加えた金合金(K18、K14等)が使用されます。日本やイタリアではK18、アメリカではK14、イギリスではK9が主に製造されています。
最もポピュラーなのは金と銀の金合金でK18(18金)が最も美しい色合いとされていますが、 金と銀のみでは軟らかすぎるため、少量の銅を加えるのが一般的です。
金、銀、銅の混合比率によって、様々な色あい、性質の合金が作り出されます。
色によりピンクゴールドなどの呼び方もあります。ホワイトゴールドは本来は金ですがプラチナを指す人もいます。
日本では、24金でないと投資商品として通用しません。


金の種類

金は軟らかい物質で、特に純金は変形したり傷がつきやすいなど装飾品としては機能しづらいという点があります。
そこで、ほとんどの場合、別の金属との合金によって装飾品を作ります。合金の一般的なものにK18やK14が挙げられます。
混ぜる金属の種類や配合率によって色が変わり、イエローゴールドやホワイトゴールド、ピンクゴールドなどという名前で呼ばれることもあります。


金の純度

金の純度は24分率で表されます。純金は24カラットまたは24金と表し、金の含有率によって数値が変わります。
24金の金の含有率は24/24、つまり100%。18金は18/24となり、75%の純度の金、ということになります。
純度の表記としてカラット(Karat)の「K」を用いる事もあります。(宝石の重さを表すカラットとは異なります。)
24カラット(24金)はK24、18カラット(18金)はK18と表します。この他に、例えば0.095などのように純金の度合いを 0 から 1 の数値で表すこともあります。
また純金とされる24カラットですが、日本では99.99%以上の純度を保つ金は全て24カラットを名乗って良いことになっています。
ホールマークはK9は375、K10は417、K12は500、K14は585、K15は625、K18は750、K20は835、K22は917、K24は1000になります。


金の用途

金はやわらかい物質で、純度100%では変形したり傷がつきやすいなど装飾品として機能しづらいため、ほとんどの場合、別の金属との
合金によって装飾品を作ります。装飾品ではK18やK14が一般的です。金は通常錆びることがないのでアクセサリーとして手入れしやすく、
アレルギーの発現率が低いので安心して身につけられることも人気の理由となっています。
混ぜる金属の種類や配合率によって色が変わり、イエローゴールド・ホワイトゴールド・ピンクゴールドなどという名前で呼ばれることもあります。


24金(K24)

純度の最も高い金のことで24金と呼ばれる。24Kまたは999.99GOLDなどの表記をされる。
大蔵省の品位検定区分で1000分率表示で1000と表わされます。
非常にやわらかいので装飾品とし使われる場合、強度を保つために0.03%以下の微量含有物が混入されることもあります。


18金(K18)

金の含有率が75%で、残り25%が銀と銅で作られた合金です。装飾品として使われる最も一般的な金です。
硬度があり変形しにくいのが特徴です。このとき使用される銀と銅のことを割り金(ワリガネ)といいます。
輸入金の表示で(750750とは千分率表示)と表示されることがあります。

18金イエローゴールド(K18 YG)
全体の75%が純金、残りの25%に銀と銅が使われています。

18金ホワイトゴールド(K18 WG)
全体の75%が純金、残りの25%にパラジウムが使われています。
元々ゴールド色の金に、白い金属のパラジウムを混ぜているので、
色の保持の為ロジウムメッキをしてコーティングする場合が多くあります。

18金ピンクゴールド(K18 PG)
全体の75%が純金、残りの25%に銅・銀・パラジウムが使われます。
銅の赤がパラジウムの白により薄くなり、ピンクの色合いを出すのです。


14金(k14)

24分の14(約58%)の純度の金のこと。残りの42%に他の金属が使われています。 

14金イエローゴールド(K14 YG)
全体の58%が純金、残りの42%に銀と銅を使用することで金色に近い色になります。 

14金ホワイトゴールド(K14 WG)
全体の58%が純金、残りの42%にパラジウムを使用することでホワイトっぽい色になります。

14金ピンクゴールド(K14 PG)
全体の58%が純金、残りの42%に銅・銀・パラジウムを使用することでピンク色を帯びた色になります。





金メッキ 買取

買取のお見積りのお申込み、買取に関するご相談、その他、お気軽にご連絡ください。
WEB、FAXからのお申し込みは24時間受け付けております。

金メッキ 買取




ホーム当社の特徴買取品目買取の流れお客様へ会社概要買取のお見積・お問合せ用語集不動産リンクサイトマップ



金メッキ 買取 〒702-8002 岡山県岡山市中区桑野480−10 電話086−274−1488  金メッキ 買取 お問い合わせはこちら⇒

Copyright(c) 金メッキ 買取なら 金プラチナ貴金属買取センター 株式会社リペア All Rights Reserved.
許可のない無断転載・転用を禁止します。

岡山市一般廃棄物収集運搬許可を取得     産業廃棄物収集運搬許可を取得
兵庫県産業廃棄物収集運搬業許可を取得

■ 許可内容 ■
岡山市  一般廃棄物収集運搬業  許可番号  第4003号
岡山県  産業廃棄物収集運搬業  許可番号  第3301012452号
岡山市  産業廃棄物収集運搬業  許可番号  第8310012452号
兵庫県  産業廃棄物収集運搬業  許可番号  第2804012452号





金メッキ 買取